STAFF

社員紹介

教務スタッフ
K.O

教務スタッフ

K.O

授業を通じて子どもたちを未来へ導く
仕事内容を教えてください
授業、教務の業務、クラス担当業務などです。教務の業務は時期によりますが、トライアルの問題作成や校正、日特の教材の校正などもあります。立て込んでくるとちょっと大変ですけど、時期が決まっているので一周したら慣れました。
子どもたちが来る夕方までに行う業務を教えてください
クラス担当の業務や教室でのイベント準備が多いですね。自分の担当するクラスの子どもの成績をチェックしたり、保護者と電話や面談をしたり。イベント準備は全国テスト、教室の保護者会、体験授業などその時期によって内容は異なりますが、資料を作成したり配布資料のセットをしたりしています。保護者会で自分が話すときは、話す内容を書き出したり、配布資料を確認し説明内容をメモしたりします。特に初めてやる内容なら準備は結構しっかりします。似ている内容を2回目にやるときは1回目の資料をもう一度見て、反省点を踏まえて少し考えたりしますね。
授業について教えてください
僕の場合、研修を経て最初に担当したのは5年生でした。半年後に4・6年も担当するようになったんですが、ちょうどコロナが流行し始めたタイミングで授業が休講になったりして。大変といえば大変でしたけど、そこは運よく予習をする時間がじっくりとれました。少しずつ担当する学年や講座が増えて、確実にやれることが増えていると感じます。授業をする上で気を付けているのは、子どもの様子に気を配って見ることです。板書をしたら教室を一周して、ついていけてなかったり、ノートを全然書いていない子に必要に応じて声かけたりします。あとは、学年だけでなくクラスごとにも雰囲気は違うので、話す内容は少しずつ変えたりしていますね。子どもたちが考える時間を長めにしたり、わかりにくかったらもう1回説明したり、クラスの理解度に合わせて対応します。時間で細かく計画を立てずに、様子を見ながら臨機応変に進めています。
イメージ画像
仕事のなかで楽しい瞬間は何ですか
やっぱり子どもと話すこと、接することが楽しいですね。子どもたちとは僕が飼っているペットの話や、今日学校であったこととかなんでも話します。最初は「小学生ってどういうことに興味があるんだろう」とか、「どういう話をすればいいんだろう」って考えていましたけど、子どもたちからいろいろ話してくれるので話を聞くことが多くて、何を話そうって困ることはなくなりましたね。でも僕からも積極的に声をかけるようにはしています。自分から話しかけに来られない子もいますし、成績の話もしてバックアップしたいので。「公開テスト良かったね」とか「算数の点数あがったね」って声をかけて、一対一で話すように心がけています。毎回テストの成績をチェックして、気になることや気が付いたことがあれば声かけています。あと楽しい瞬間は、卒業生がたまに遊びにきてくれるので、卒業生と会えるのも楽しいです。4月は中学校に進学してからの話を聞かせてくれたり、弟妹がいる子はお迎えのときに一緒にきたりしてくれますね。
仕事の中で大変だったことは何ですか
新しい業務が増えるタイミングはちょっと大変です。例えば初めて6年の授業を担当するときや特別講座をやるときなど、初めて何かをやるときは仕組みがわからなくて、どういうふうにやったらいいんだろうって考えることはあります。自分なりに考えるのももちろんですが、前任の人や経験を重ねている先輩社員に話を聞いています。自分が考えたこととあっていればそれでいきますし、違っていればちょっと軌道修正したりします。自分の教室に同じ教科の先輩が必ずいるわけではないので電話をすることが多くて、聞いたらいろいろと教えてくれます。自分の思うようにやったらいいよって言ってくれる先輩もいますけど、不安だと聞いちゃいますね。
日能研の良さは何ですか
塾で働くことは子どもを預かることなので、子どもが成長していく姿を見られるというのはすごくやりがいがあると思います。関わっている子どもたちが変わっていく姿を目の当たりにすると、自分も「頑張ろう」っていう気持ちになれますね。あと、教材や採点システムが整っているところは自慢できるところです。例えば前職の学校では授業のためにプリントを作ったり、残業して採点したりして結構大変だったので、オリジナルのテキストがちゃんとあって教材をつくる負担がないことや、採点をする手間がかからず他の業務に時間をかけられることは働きやすさにつながっています。
自分が中学受験を経験していなくても大丈夫ですか
中学受験の経験がないのは何も問題ないと思います。僕は塾に通ったことすらないですけど、それでも普通に塾の先生をできています。中学受験がどういう仕組みになっているか、どんな学校があるかなど、研修があるのできちんと知る機会があります。授業を担当するときも研修を受けてからです。知らないままいきなり授業やるとか、保護者の前に放り出されたりとかはないので安心してください。教室の上長に相談する機会もありますし、私立の中学校を見学できるイベントなどで学校を自分の目で見ることができる機会もあって、中学受験をしたことがなくても中学受験に携わる者として仕事をするためのいろんな準備ができる環境にあります。あとは塾だからってそんなに身構える必要はないんじゃないかな。「教える」よりも「子どもたちと話す」っていうイメージが強いですね。もちろん知らないと教えることはできないですし、知らないことをやるのは難しいと思いますが、自信がないなら自信がつくまで準備すればいいと思っています。僕はもともと高校での教員がありましたけど、未経験の方でもちゃんと授業できるようになるまで研修がありますし、準備することはできます。いきなり丸投げになることはない。だから、中学受験をしたことがなくても、大丈夫。やったことある人の方が少ないし、難しく考える必要はないです。